全国的に広がりを見せる永代供養墓

全国的に広がりを見せる永代供養墓

subpage1

一昔前までは、先祖代々のお墓を家族で守っていくということが一般的でした。

しかし昨今、遠方に住んでいてお墓参りが出来ない人や未婚化少子化の影響からお墓を守っていく子供や孫がいないということでお墓が荒れ果ててしまっているということが盛んにマスコミ等で取り上げられています。


そのため高齢者を中心に、永代供養墓というものに注目が集まっています。



永代供養墓とは、お墓参りが出来ない人やそもそもお墓参りをしてくれるような子供や孫がいなくなった人のために、寺院等が責任をもって永久的に管理供養してくれるお墓を言います。


ほとんどが他の人と一緒の墓や納骨堂に安置されるため集合墓や合同墓とも呼ばれています。生前に実施している寺院に申し込みをする人も多数あり注目度の高さがうかがえます。

宗旨や宗派を問わないことも申込みしやすい理由の一つです。
月命日やお盆お彼岸などに合同で供養を行ってくれることも多く、自分亡き後もしっかりと供養してくれることで先祖に対しても手厚くしてもらえるというところが魅力です。

また、個別のお墓によくある年間の管理費等も不要であるところが多く、残された家族に経済的負担をかけずにすむということも大きなメリットです。



そして、現在この永代供養墓は都会や地方問わず広がりを見せています。



都会では新しいお墓の土地を探すのに苦労するという理由からなどがありますが、地方では東京や大阪などに出た子供たちのお墓参りの負担を減らしたいという理由が考えられます。

永代供養の納得の真実

subpage2

一般のお墓を維持する事が困難な時代となり、永代供養墓を利用する人が増え続けています。永代供養墓は、埋骨時に一定の金額を納めれば、それ以降は管理費等が一切不要で、かつ文字通り無縁化する事無く、永代に供養してもらえるお墓の事です。...

more

自然葬の話!

subpage3

先祖代々の墓があり子孫たちがその墓を守り、将来的には自身もその墓に入る。それが昔からの日本の姿でした。...

more

いまどきの自然葬

subpage4

日本の葬儀というのは古くからお墓への埋葬が一般的でした。そして遺族か定期的にお墓の手入れを行い、管理していくというのが当たり前で代々受け継がれていくものの1つとして考えられていました。...

more

自然葬の基本知識

subpage5

自然葬とは墓標ではなく山林や海に遺骨や遺灰を戻す方法で、海外では広く一般的に行なわれています。自然葬は墓石などを必要としないため、地球環境にも優しく自然保護の観点や、故人が自然に還りたいという意志を尊重して生まれたとも言われています。...

more