利用者の増大に伴い多様化する永代供養墓 - 全国的に広がりを見せる永代供養墓

利用者の増大に伴い多様化する永代供養墓

subpage1

一般のお墓を維持する事が困難な時代となり、永代供養墓を利用する人が増え続けています。

永代供養墓は、埋骨時に一定の金額を納めれば、それ以降は管理費等が一切不要で、かつ文字通り無縁化する事無く、永代に供養してもらえるお墓の事です。
この永代供養墓は一般的には合祀墓で、大きな石塔の下に納骨スペースがあり、そこに多くの遺骨が納められる形態となっています。



従って、多くの遺族が同じ合祀墓の墓石に向かって手を合わせてお参りするのが普通です。
しかし、永代供養を望む人が増えるに従い、可能なら合祀墓ではなく、個別の墓石に向かってお参りしたいと思う人も増えて来ました。



こうした永代供養を利用する人の増加に合わせて、ニーズの多様化に対応するため、永代供養墓も多様化しています。


例えば、ビル内にズラリと家名を刻んだお墓が並ぶようなスタイルの納骨堂と区別しにくい施設も増えていますし、都会のお寺の中には、家名や家紋を石の扉に刻んだコインロッカー風の納骨スペースが多数設けられたお墓のマンションの様な施設を設置する所も増えています。



これは合祀墓ではなく、土地面積を少なくて済む形とし、なおかつ個別の墓石等に向かってお参りできるようにした新たなお墓のスタイルです。また、樹木葬も広い意味では個別であっても、合祀であっても永代に供養してもらう事ができるお墓と言えるかも知れません。この様に、永代供養のニーズの増加による多様な希望に対応すべく、スペースを取らない形で、従来の合祀墓のみならず、様々な永代供養墓が提供される事でしょう。