故人を自然に還す自然葬 - 全国的に広がりを見せる永代供養墓

故人を自然に還す自然葬

subpage1

日本の葬儀というのは古くからお墓への埋葬が一般的でした。
そして遺族か定期的にお墓の手入れを行い、管理していくというのが当たり前で代々受け継がれていくものの1つとして考えられていました。


しかし今日では核家族化が進み、親族とのつながりが昔に比べて薄れてきているのも事実です。

結婚をしない、子どもを産まないという人も年々増えてきています。



つまりお墓を残したとしても管理してくれる家族がいなくなってしまうという問題が出てくるようになったのです。


そういった理由からお墓を買わず、今まででは当たり前であった埋葬を行わないという人が増えてきました。
そこで今注目を集めているのが自然葬と呼ばれる葬儀スタイルです。これは粉末状にした遺骨を海や山などに散骨して供養するというもので、お墓を必要としない分費用が軽くて済む他、今後管理をしていくということをしなくてもいいというメリットがあります。
この自然葬は故人が生前好きだった場所に骨をまいてあげることで供養になると考えられています。


そのため海や山などの身近な自然だけではなく、中には宇宙にまくことを考えている人もいます。

こうした自然葬というのは自然の中に散骨をするため法律にふれるのではないかと懸念されてきたのですが、実際には自然葬を罰する法律はありません。遺骨が粉末状であること、また散骨する場所が許可されているエリアであるということを守れば問題はありません。



死というのは突然訪れる場合もたくさんあります。そんなときに費用がなくて葬儀もあげられないと思い悩む遺族の経済的負担を軽減してくれる葬儀スタイルとしても注目を集めています。