新しい葬送のスタイル・自然葬とは

subpage1

先祖代々の墓があり子孫たちがその墓を守り、将来的には自身もその墓に入る。



それが昔からの日本の姿でした。

しかし、今や墓を守るべき若者たちは都会で暮らし残っているのはお年寄りたちのみ。
自身が亡くなるタイミングで墓じまいをするというケースも出てきています。
田舎ならともかく都会は土地も高く狭く、お墓を立てる場所さえもなかったりします。



亡くなるときにまでそんな俗世のことに身を削られなければならないのは大変です。
だからこそお墓と言う制度を利用せず自然の中に入っていきたいと自然葬を望む人も出てきているのです。

自然葬とは樹木葬や海洋葬など山や海などに骨を撒くことです。



埋葬と違って骨は自然に返されるのでお墓はいりません。

葬儀費用が安く、将来に渡って子孫たちがお世話する必要がないことが自然葬のメリットです。

ただし、どこにでも撒いてよいわけではありません。


他人に影響のない場所に、事件と間違われないためにも粉々にして撒くようにしてください。


個人でそこまでの処理をすることは難しいでしょう。


最近では専門の業者も増えてきているのでこういったところにお任せするようにしましょう。どこに撒くかによってもサービス内容によってもお値段はさまざまです。


撒いてしまった骨を回収することは不可能です。

悔いが残らないようよく考えておこなってください。

残された親族同士での話し合いも必要です。

変わったところでは宇宙に撒くなんていう宇宙葬も可能です。