自然葬の種類やメリット - 全国的に広がりを見せる永代供養墓

自然葬の種類やメリット

subpage1

自然葬とは墓標ではなく山林や海に遺骨や遺灰を戻す方法で、海外では広く一般的に行なわれています。



自然葬は墓石などを必要としないため、地球環境にも優しく自然保護の観点や、故人が自然に還りたいという意志を尊重して生まれたとも言われています。

一般的に多く行なわれている自然葬には樹木葬と海洋葬の2種類があると言われています。樹木葬は墓石の代わりに樹木を墓標とした埋葬方法で、樹林墓地と呼ばれる場合もあります。


里山や公園型の2種類にさらに分類でき、遺骨を粉末状にしなくても埋葬は可能です。海洋葬は禁止されていない海域へのみ散骨ができる方法です。明確な線引きはありませんが、地域ごとに条例を確認したり船のチャーターをする必要があるため全て個人で行なうよりは専門の業者を利用する方が大半です。



自然葬には複数のメリットがあり、その1つとしてお墓の跡継ぎが必要ないということがあります。



近年一般のお墓は後継者不足などの問題から購入自体が難しくなっていますが、上記の方法は後継者不足に関係しないため自分の子どもに負担をかけたくないと考える方も多く利用しています。


また、従来のお墓は家単位のものが多いですが樹木葬や海洋葬の場合、1人で静かに眠りたいと考える方の要望にピッタリともいえます。

一般のお墓と異なり墓石を建てる必要がないため、低価格で行なうことができるためお墓を購入したいけれど資金的に難しいという方にもおすすめの方法と言えるでしょう。