ファクタリング比較で有効な資金調達方法

subpage01

ファクタリング比較は中小企業から見ると、有効な資金調達方法となっていてその理由もあります。

西日本ファクター MSFJ

他の資金を調達する方法よりも、あらゆる面で審査が通りやすいというメリットがあります。
たとえ税金を滞納していても、借り入れを滞納していたり決算が赤字であって融資を断られてしまった場合でもファクタリング比較であれば資金調達をすることができます。


借り入れを急いでいる時の対応していて、最短でその日に資金化することが可能です。

しかし推奨されない理由もあり、現金商売をしているので売掛がない場合や設備投資に活用するので長期での返済をしたいという場合はファクタリング比較が向いていないので他の方法を考えます。

中小企業の資金調達手段として、不動産を担保にする融資方法が浸透していて支払期日を待つことなく売掛金を回収することも可能です。



売掛金を回収することにリスクがありますが、それを低くして会社の成長のために資金を運用して行く方法があります。



不動産担保や保証人に依存することなく資金調達方法の新たなものとして売掛け債権の提言を行います。

今後も普及されて行くと見込まれているシステムで、銀行やノンバンクからの融資も簡単にできます。


通常は担保や保証人が必要となりますが、ファクタリング比較の場合は売掛債権を担保にする方法ではなく売掛債権を実際に売買して行くシステムになります。
担保を始め第三者保証は一切不要となっているところも入り口が広いと言えます。